あんかけ焼きそばを作るときのポイント2つ

料理番組を見ていたら、陳健一さんがあんかけ焼きそばの作り方を紹介していました。
意外と知らなかったポイントが2つありました。
1つは焼きそばを炒めるとき、市販の麺って四角の状態で固まってるので私なんかは躍起になってほぐそうとするんですけど、あれ、ほぐさなくていいらしいです。固まってるまま表面に焦げ目がつくぐらい焼くと、外側カリッと、中はもっちりの食感になっておいしいそうです。なるほど、確かに、無理にほぐすと全体的にパサパサした感じになるんですよね。
もう1つは、あんかけのあんを作るとき、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけるんですけど、私なんかはとろっとしてきたらすぐに火を止めるのですが、そうじゃなく、とろみがついた後も強火でしっかり火を通しておくのが大事とのことです。そうすると、食べてる途中でとろみがなくなることがないそうです。確かに、あんかけって食べてるうちにシャバシャバになってくることありますよね!加熱が足りなかったせいとは知りませんでした。
短い料理番組でしたけど、結構勉強になりました。女性ホルモン サプリ