おや、父兄を超えたかなと思ったイベントだ

ユーザーは他人の悩みや拘り、凝っている事件、気にしていることに対し、下らないとか、そんなのにハマるのとか、とにかく他人のが理解できませんよね。でも自分はこれは成長してから、方針が変わって人の悩みや執着心が理解できるようになって笑いものにしなくなったのです。だって、その他人から見れば私の悩みや執着心だって、すごく嘆かわしいと思っている筈なんですよ。WinWinだってことです。だから、なるほどこの人はそれにこだわっているのか、これを気にしているのかと理解できるようになりましたね。自分も同じなんだから。ところが私の両親は自分には各種所で小愚か者にしたような声音を講じるんですね。自分が耐えることや苦しんで抜け出せない事件に対して、そんなの簡単だよとか、こうすればいいじゃんとかって軽く片付けられてしまうんです。たえずそれで悔しいですが。でも、こっちから言わせれば、あんたもそんなことで耐えるの?と思ってしまうよ。ユーザーは総出、人の悩みや執着心が下らなく見えてもそれはWinWinなんだから、分かってあげなくちゃというため父母はいまだにこれが思い付かんだなと、超えたなと感じました。アリシア 脱毛