恒星のがたいと質量などについて勉強してた

HR図形などについて研究しました。HR図上では右手上に出向くほど恒星の半径がものすごく、左下に出向くほど恒星の半径が悪いだ。ペテルギウス(オリオン座α星、M2、−5.5カテゴリー)は超巨人に属する恒星で、その半径はお日様の約550ダブルもあります。一方、シリウスの伴星(おおいぬ座α星B、A5、11.2カテゴリー)は純白矮星で、その半径はお日様の0.02ダブル以下で地球の半径の約1.7倍にすぎません。2つ以上の恒星が共に公転やるものを連星といいます。連星には望遠鏡で識別もらえる雑貨もあれば、望遠鏡では識別できませんがスペクトルの測量で連星と押さえる雑貨や、食連星の不自然輝きとして測量こなせるものがあります。恒星の約半分は連星であると考えられています。連星の一種面白いサイドの恒星をメイン星、物悲しいサイドの恒星を伴星といいます。まあいぬ座のシリウスも連星でそのメイン星をシリウスA、伴星をシリウスBとよんでいます。知らないことを知れて良かったです。脱毛ラボ 8ヶ月無料