おとうさんの遺品のワイシャツを婦人のTシャツへリメイク

お父さんの遺品集積をしていた姉から、ファッションがたくさんあってもったいないから何かにリメイク出来ない?とリンク。
それで女子のTシャツにリメイクすることにしました。
女子も嬉しそう。
とりわけ3着、在宅に持って帰り分解仕事だ。
こういう分解仕事、袖、カフス、身頃、襟などコンテンツごとに糸をほどきバラしていくのですが、これが更にヤバイ。
ほどいた各コンテンツに型紙を併せたら…お父さんのワイシャツは意外にも小ぶりだったようでがたいはまるでかわりませんでした。
ほどかなくても、丸々女子が着れたのでは…。
オーダーで作ってもらったワイシャツなので余裕を取らず、ジャスト容量で作ったようです。
そのままでも女子が着れたかもしれないけれど、スタイルを取り直してリメークしたので、
きっとメンズくさいワイシャツから進路の綺麗なママらしきTシャツになりました。
襟を丸くしたり、スタンド色彩にしたり、ビジューや賭けを付けたり。
下手ながらも…下手だからこそ多々いじりたく至るのかもしれませんね。
私でも知っているような商標代物だったので、生まれも何とも上質な品物だったと思います。
女子も実に喜んで着てくれて、お父さんへの望みも感じます。
次はスーツの生まれで甥っ子らに胴手提げ袋を仕掛ける魂胆だ。http://www.abateofutah.org/